Loading

僕がイノーバで働く理由(原題:How and Why I Came to Innova)

※本文は弊社の社員Drewが英文で寄稿した文章の翻訳記事となります。原文をお読みになりたい方は下記のリンクより記事下部に移動してお読みください。

原文はこちら

イノーバの正社員として働き始めて2ヶ月が経った。とても挑戦的な日々だったが、僕はいろいろなことを楽しみにしていたし、多くのことを学ぶこともできた。ここにくるまでには様々ないきさつがあったが、今はイノーバの一員として働けていることをとても幸運に思っている。

僕はアメリカに生まれ、サンフランシスコで育ち、ロサンゼルスの大学に通っていた。大学を卒業した後、僕は夏の2ヶ月間を利用して東京に語学留学することにした。東京にいた2ヶ月で僕は——

  1. 東京が本当に大好きであること。
  2. 日本語を学ぶのは日本しかない。

——という二つの確信を得た。そこで僕は東京で仕事を探すことにした。

仕事を探すにあたって僕は考えた。僕はテクノロジーに強い関心を持っていたので、テクノロジーに関連した会社で働きたいと思った。日本に来る前は巨大な多国籍企業であるデロイトでコンサルタントとして働いていたし、サンフランシスコにある5人しかいないスタートアップでウェブサイトの運営をしたこともある。そこで僕は割と早い段階で、小さい会社で働く方が自分のパフォーマンスを発揮しやすいという事実に気づいた。これまでの考えをまとめ、僕は東京にあるスタートアップで大きいことに挑戦しようと決意した。

僕は実際に仕事を探すために動き始めた。しかし、英語を教える仕事をするか、母国の会社に就職し、そこで経験を積んで数年後に国外派遣員として日本に戻ってこればいい、といった反応ばかりが返ってきた。しかし、僕はその意見を聞き入れなかったし、その方法だと厳しいと感じた。いくつかの企業から実際にアドバイスが貰えると期待して、僕はQuora(Facebookの元CTOが立ち上げた非常に人気のあるQAサイト)に質問を掲載してみることにした。[実際に掲載した質問] すると、東京のベンチャー企業であるイノーバのCEO(宗像さん)から直接回答を貰えた。とても驚いたし、うれしく感じた。

最終的に宗像さんと会うことができ、(翻訳者を通して)当時のCTOと話した結果、1ヶ月間(観光ビザにおける滞在期間を考慮した結果)インターンとして働く機会を貰った。最初の出勤日はとても緊張した。社会人のエンジニアとして働くのは初めてだったし、ここは日本だ。自分の日本語もまだまだ全然できない状態だったからだ。しかし、インターンが終わる頃、正社員へのオファーの話を頂いた。インターン以上の学びが得られることを期待して、最終的に僕はイノーバで働くことに決めた。

イノーバには大きなビジョンがある

日本に来て最初のころ驚かされたのは、多くの企業がコンテンツマーケティングという手法を聞いたこともなく、旧来のマーケティング手法を重視していたことだった。

既にアメリカでは、何かしらの製品やサービスを売っている企業のほとんどが、ブログやYouTubeで価値のある情報を発信することで顧客と接点を持とうとしていた。つまりコンテンツマーケティングが行われ、厳密に運用されていた。

僕は何百万という人たちに影響を与えるポテンシャルを持った会社に入りたかったし、イノーバはまさに日本のマーケティングを根本から変えようとしていた。これはとてつもなく高い目標だけど、そういう可能性のある環境で働くことは本当に刺激的だ。

世界にインパクトを与えたい

僕自身が働く上で大切にしている要素の一つが、世界にインパクトを与えられるか?ということだと、サンフランシスコでのスタートアップ経験から分かっていた。そしてイノーバはそのチャンスを与えてくれたと思っている。

人数はまだ少ないとはいえ情熱のあるチームが働いていたし、僕が最初の1週間でCloud CMOにソースコードをコミットできる環境もあった。さらにアジャイルな手法を取り入れ、プロダクトの重要な部分に集中し、開発プロセスを速めていた。

自分の仕事がすぐにユーザーへ届いていると感じられて、とても満足している。

学び、成長したい

イノーバで働くことにしたもう一つの大きな理由は、この会社が社員に対して、学びと成長の機会を与えてくれるからだ。インターン中にはAnsibleやVagrant、ServerSpecに触れて、いわゆるDevopsを経験できた。

入社してからはうちの製品であるCloud CMOに機能追加しているし、CapybaraとPoltergeistを使ってテストも書くし、Ruby on Railsもちょっと分かってきた。もちろん、日本語も少しずつ上手くなっている。

イノーバにいることで、新しい技術はもちろん、綺麗なコードの書き方、日本の文化についてまで、様々なことを学べているという実感がある。

そして、開発チーム

もちろん、チームについても触れる必要がある。イノーバには良い人材が集まっているし、開発部については特にそう思う。

既に書いたとおり、イノーバでの初日にはエンジニアリングも日本語も経験が足りていないと感じていたから、僕はかなりナーバスになっていた。でもすぐに、チームのメンバーが辛抱強く手助けしようとしているのが分かって、その週のうちに不安は解消された。

もちろん下手クソな日本語と下手クソな英語で互いにコミュニケーションをとるのは難しいこともあるけれど、絵を書いたりしながら何とかなっているし、そんな時間も楽しいと思っている。メンバーは日本のいろんな習慣(一本締めと三本締めは何が違うの?)を伝えようとしてくれるし、僕もアメリカのお菓子とかお酒とか女優の話を教えている。

イノーバには根性がある

根性があるというのは言い換えれば、イノーバのメンバーならなんとかなるだろう、という意味だ。

入社前にインターンしていた頃の一番の思い出は、全社員が五反田の小さなオフィスに詰め込まれていたこと。

社員が急に増えたことで会議室まで潰したから、ミーティングのたびにスタバやデニーズに行く必要があったくらいだった。

今はラッキーなことに広くて綺麗なオフィスに引っ越したけれど、当時の光景は、ここのメンバーなら何とかして物事を前に動かし続けるだろうと思わせてくれた。

12月の初めにイノーバにジョインしてから僕は素晴らしい時間を過ごしているし、この会社が日本のマーケティングをどんな風に変えていくのか、とてもワクワクしている。

drew2.jpg

原文

How and Why I Came to Innova

I’ve been working at Innova fulltime as an engineer now for about 2 months. It’s been challenging but I’ve had a lot of fun and have been able to learn a lot. I feel really fortunate to be part of the company so I thought I’d give some background on why I joined and how I came here.

I was born in the US and grew up around San Francisco but went to college in Los Angeles. The summer after I graduated I decided to enroll in a two-month language program in Tokyo. Those two months in Tokyo convinced me of two things: 1. I really liked Tokyo and 2. There was no way I was going to be able to learn Japanese without being around it constantly. So with this in mind I embarked on trying to find a job in Tokyo.

When it came to finding a job there were a few things that I was really looking for. I have always had a strong interest in technology so I knew that I wanted to work at a company that was technology related. Prior to coming in Japan I had worked at huge multinational corporation, Deloitte, as a consultant and also at a 5 person startup in San Francisco where I helped build a number of websites. I quickly realized that I preferred the smaller company because of the ability I had to actually make a difference. With all this in mind I set my sights on a startup in Tokyo trying to do big things.

Anyways when it actually came to finding a job I started reaching out to whoever I could. Overwhelmingly the response I got from people was that I should either teach English or return to the US, work in an established company and then transfer to Japan a couple years later. Being as impatient as I am I didn’t really accept it and instead resolved to try harder. Eventually I resorted to asking a question on Quora (a very popular question and answer site started by the former CTO of Facebook). In fact here is the question: https://www.quora.com/What-Japanese-technology-companies-hire-new-graduates-from-a-foreign-country . I was hoping to get a few recommendations of some companies to research. However, I was pleasantly surprised when I got a direct response from Munakata-san the CEO of Innova, which was a VC backed startup in Tokyo.

Eventually after meeting with Munakata-san and speaking with the CTO (through a translator) I was offered an opportunity to do an internship for one month (that’s all my tourist visa would allow). This was the first time I would be in a professional engineering environment and my Japanese was (and still is) pretty lacking so I was nervous to say the least on my first day. However, at the end of the internship I was given a full time offer and made the choice of staying at Innova. Here’s what I learned over the course of the my internship and why I ultimately decided to join Innova:

Innova has a big vision

When I came to Japan I was surprised to learn that a lot of companies in Japan haven’t heard of content marketing and still put heavy emphasis on the traditional forms of marketing. In the US, content marketing is a tried and true practice and virtually every company that sells some sort of product or service engages with their users by producing some form of meaningful content for their target audience whether it be through a blog, Youtube or some other means. I wanted to be in a company that had the potential impact millions of people and Innova’s main goal is to fundamentally change the way marketing is done in Japan. This is loft goal but having the opportunity affect such a large industry is really exciting.

I would have the ability to make an impact

From my past experience of working at a startup in San Francisco with only 5 people, I knew one of the important things for me is having the opportunity to make an impact and Innova offered me a way to do that. Innova has a small but dedicated team of engineers working on our Cloud CMO product and when I joined I was already making commits to the codebase within the first week. Additionally, we use an agile methodology for our software development allowing us to stay focused on the important things and speed up our development processes. Knowing that that the things I’m working on will be seen directly by clients is really satisfying.

I would be able to learn and grow

Another big reason that I joined Innova is because they give employees a chance to grow and learn new skills on the job. During my internship I had the opportunity to do some Devops work using Ansible, Vagrant and ServerSpec. Since I’ve joined I’ve been able to work on adding functionality to our Cloud CMO products, make tests using Capybara + Poltergeist and even learned some Ruby on Rails. Of course over this time period my Japanese skills have also been slowly improving. While at Innova I feel like I learn something new everyday whether it's a new technology, learning ways to code better, learning Japanese or even just learning more about Japanese culture.

The team

I of course need to mention the team. Innova is full of great people and particularly in the engineering department. As I mentioned before, I was pretty nervous on my first day at Innnova because I didn’t have much professional engineering experience and because my Japanese wasn’t very good. However, my fears were soon quelled within the week when I realized how patient and willing to help everyone was. Although sometimes it can be hard we are able to understand each other through a mixture of my poorly spoken Japanese and the other engineer’s poor English and with the occasional picture being drawn. Even though communication can be hard sometimes we always have a good time with it. Spending time with the team is always a lot of fun because they teach me about Japan and I teach them things about the US.

Innova is scrappy

Now when I say scrappy, I mean that Innova finds ways to make things work. One of the most memorable things about my internship was the image of everyone being packed in a small office in Gotanda. In fact it was so crowded and cramped in their that people would need to go downstairs to the local coffeeshop to have meetings. Luckily we’ve since moved to a larger, nicer office but watching people work in that small office made me understand that people Innova will find a way to make things work and continually move forward no matter what it takes.

I’ve had had a great time at Innova since I joined in early December and I am excited to see where this company will go and how marketing in Japan will change because of us.
著者アイコン

著者Drew

Web Engineer at Innova

関連記事